ヨーロッパ最高峰の『チャンピオンズリーグ』にベットしよう!


チャンピオンズリーグにベッティング ↓

チャンピオンズリーグには世界でも有数のチームしか出場できないので、手に汗握るベットを行なうことができます。

・チャンピオンズリーグの試合のベットの重要性とその発展

チャンピオンズリーグは、世界中のサッカーファンが注目する大会ですが、スポーツベッティングを取り扱う各ブックメーカーとしても非常に重要性の高い大会となっています。
なぜならば、注目度が高い分、ブックメーカーの売り上げにも直結してくるからです。

また、チャンピオンズリーグでは過去に数々の名勝負が生まれています。
2008年の『チェルシーVSマンチェスター・ユナイテッド』もその試合の一つです。
イングランドの名門チーム同士の対決は熾烈な試合となり、マンチェスター・ユナイテッドのエース「クリスティアーノ・ロナウド」が決めれば、チェルシーのエース「フランク・ランパード」が返すという一進一退の攻防となりました。

結局延長でも決着が付かず、PK戦に持ち込まれることに。更にPK戦でもサドンデスに突入!
結果的にマンチェスター・ユナイテッドが6ゴールを決めて勝利し、同国争いを制しました。
このように、世界でもトップと呼ばれるチーム同士が均衡する試合を展開することも、チャンピオンズリーグが注目される理由です。

・その試合のオッズについて

チャンピオンズリーグにベットする際には、「オッズ」を見ながら予想するかと思われます。
では、その貴重なベットの情報源であるオッズはどうやって決定するのでしょうか?そもそも、ブックメーカー同士でオッズが違うのではなぜでしょうか?
それは、各ブックメーカーのオッズは、ブックメーカーが独自に考えたオッズだからです。

日本の競馬では、徴収した売り上げから先に控除率分を抜き取り、その残った金額をオッズとして提示する「バリュミチュエル方式」を採用していますが、ブックメーカーの場合は、各社が独自にオッズを決定する「ブックメーカー方式」を採用しています。
そのため、ブックメーカーでスポーツベットを行なう場合は、試合の直前までオッズが変動するのです。

ただし、適用されるオッズはベットした直後のオッズとなりますので、基本的にベットした後のオッズ変動はプレイヤーに影響を与えません。

勿論、ブックメーカーが独自のオッズをつけていたとしても強いチームがよりいいオッズをつけるのは当然であり、その点はどのブックメーカーも大差はありません。
► サッカーベッティングオッズ

・チャンピオンズリーグでの有名なベット

チャンピオンズリーグでは数々のドラマが生まれていますが、それはスポーツベットも同様です。
予想外の展開が起きれば、いかなる強いチームでもオッズが跳ね上がることがあります。
ここでは、その一例をご紹介していきます。

『どんなチームでもオッズは跳ね上がる』

2017年3月8日に行なわれたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント、「メッシ」「ネイマール」「スアレス」のMSNを要する世界最高峰のチーム「バルセロナ」は、決勝トーナメントの第1戦で(チャンピオンズリーグの決勝トーナメントは、2戦合計スコアで勝ち抜きチームが決定する)相手に4点差で負けてて窮地に立たされていました。
それもそのはず、バルセロナが勝ちあがるにはこの試合で4点差以上つけて試合に勝利しなくてはいけなかったのです。

しかも、相手はフランスのプロサッカーリーグ「リーグ・アン」を4年連続で制覇したこともある強豪チーム「パリサンジェルマン」でした。
その影響もあり、バルセロナがチャンピオンズリーグを突破する試合直前のオッズは67倍とされていました。
更に、後半17分にパリサンジェルマンが1点を返したことにより、そのオッズは最大201倍まで跳ね上がったのです。

ですが結果的にふたを開けてみれば、バルセロナがラスト30分で3ゴールをたたき出し、延長で更に追加点を奪ったことによりバルセロナが勝利したのでした。
この試合では、本来優勝候補であるバルセロナに「201倍」という高倍率のベットを行なう、数少ないチャンスが生まれていたことになります。

このように、チャンピオンズリーグは様々な展開によってオッズが上下するので、シンプルなベットの中にドラマが生まれるのです。
チャンピオンズリーグを観戦するだけでなく、少額でもベッティングを行なうことにより楽しさは倍増します。

・チャンピオンズリーグにベットできる優良ブックメーカー

この項目では、チャンピオンズリーグにベットすることができる優良ブックメーカーをご紹介していきます。

『優良ブックメーカー』

  • ① Bet365
    Bet365は1974年にサービスを開始した老舗のブックメーカーであり、全世界に500万人以上のプレイヤーが存在しています。
    過去には、イングランドのプロサッカーリーグ「プレミアリーグ」に所属する「ストークシティ」のスポンサーを務めた事もある、信頼性の高いブックメーカーとなっています。
    評価レビュー
  • ② ウィリアムヒル
    ウィリアムヒルは、世界に2300以上の店舗持つイギリスのNo1ブックメーカーです。
    日本でもたびたび耳にすることもあるので、スポーツベッティングにあまり馴染のない日本でも比較的知名度の高いブックメーカーとなってます。
    日本語対応完全のサポートなど、日本人に向けたサービスが充実しています。
    評価レビュー
  • ③ ベットフェア
    ベットフェアは2010年にロンドン取引証券所に上場した企業であり、スペインの名門サッカークラブである「バルセロナ」のオフィシャルスポンサーでもあります。
    英国政府公認のブックメーカーであり、世界的にも人気サッカークラブであるバルセロナの信頼も得ているベットフェアならば、安心してスポーツベットを楽しむことができるでしょう。

最新ニュース・チャンピオンズリーグ


Comments are closed.

Back to Top ↑