セレッソ天皇杯制覇でACLストレートイン 柏は予選から

・セレッソが来季ACL本戦ストレートイン
今日1月1日、天皇杯全日本サッカー選手権大会決勝戦が開催され、セレッソ大阪が延長戦の末に横浜Fマリノスを破って2018年タイトル第一号を獲得した。セレッソ大阪は、これで今シーズンはルバンカップに続く2冠目となった。

同時に、来シーズンのアジアチャンピオンズリーグへの本戦出場資格も獲得。
これにより、Jリーグからは明治安田生命J1リーグを制覇した川崎フロンターレと2位鹿島アントラーズが、本戦ストレートイン。

そして今日天皇杯を制覇したセレッソ大阪は、本来プレーオフから参戦予定だったがストレートインすることが確定。よって、本来ストレートインできたはずの柏レイソルが予選プレーオフへと回ることが決定した。

尚、柏レイソルが参加する来シーズンのアジアチャンピオンズリーグの予選プレーオフおよび予選一回戦、二回戦のの全対戦カードは以下の通りとなっている。

Jリーグ、イングランドプレミアリーグスペインリーグおよびにチャンピオンズリーグ2017/2018の最新ニュースを確認しよう!

▼予選1回戦
バリ・ユナイテッド(インドネシア)対 タンピネス・ローバース(シンガポール)
シャン・ユナイテッド(ミャンマー)対 フィリピンリーグ優勝クラブ

▼予選2回戦
プレーオフ1-東方FC(香港)対 タインホア(ベトナム)
プレーオフ2-ムアントン・ユナイテッド(タイ)対 ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)
プレーオフ3-チェンライ・ユナイテッド(タイ)対 バリ・ユナイテッド(インドネシア)対 タンピネス・ローバース(シンガポール)の勝者
プレーオフ4-ブリスベン・ロアー(オーストラリア)対 シャン・ユナイテッド(ミャンマー)対 フィリピンリーグ優勝クラブの勝者

▼予選プレーオフ
プレーオフ1-水原三星(韓国)対 東方FC(香港)対 タインホア(ベトナム)の勝者
プレーオフ2-柏レイソル(日本)対 ムアントン・ユナイテッド(タイ)対 ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)の勝者
プレーオフ3-上海上港(中国) 対 チェンライ・ユナイテッド(タイ)対 バリ・ユナイテッド(インドネシア)対 タンピネス・ローバース(シンガポール)の勝者
プレーオフ4-天津権健(中国)対 ブリスベン・ロアー(オーストラリア)対 シャン・ユナイテッド(ミャンマー)対 フィリピンリーグ優勝クラブの勝者

柏レイソルが参戦する予選プレーオフは今月30日から始める予定だ。

他の記事を読む

Tags: , , ,




Comments are closed.

Back to Top ↑