セルビア対スイス【予想とオッズ】

セルビア対スイス
セルビア vs スイス
1-2
【セルビア対スイス結果】ジャカ、シャキリが大会初ゴール!
6月23日・3:00(日本時間)
カリーニングラード
次の試合 ►
スイススイスvsコスタリカコスタリカ セルビアセルビアvsブラジルブラジル
ブラジルブラジル2-0コスタリカコスタリカ セルビアセルビア1–2スイススイス
グループE

第一戦の結果次第では大きく両者のオッズが変動する可能性があるが、現時点では両国ほとんど互角の予想となっている。
マッチレビューと予想をチェック! 最新のオッズ
セルビア代表メンバー一覧 スイス代表メンバー一覧

マッチレビューと予想をチェック!

スイス代表グループEの第二節「セルビア×スイス」。
このゲームの勝者は?

ヨーロッパの実力国同士による対戦。両チームともにヨーロッパの主要クラブで活躍する選手を多く擁する玄人好みの好カードだ。

多くの人は、前回大会ベスト16で世界ランキングでも6位に位置するスイスが優勢と予想するだろう。
スイスは、初戦がブラジル戦ということで、第二節にして既に後がない状況でこの試合を迎えることが濃厚だ。

(追記:スイス初戦1-1ドロー)

そのプレッシャーが過度にのしかかると、セルビアにも勝機が巡ってくる。セルビアは初戦のコスタリカ戦、このセルビア戦で少なくとも勝ち点4を確保して、最終節のブラジル戦を「最小得失点差での負けなら突破」というシチュエーションで戦いたいはずだ。

(追記:セルビア初戦1-0勝利)

スイスは、ジェルダン・シャキリ(ストーク・シティ)、グラニット・ジャカ、ステファン・リヒトシュタイナー(共にアーセナル)リカルド・ロドリゲス(ミラン)、セルビアはアデム・リャイッチ(トリノ)、ネマニャ・マティッチ(マンチェスター・ユナイテッド)アレクサンドル・コラロフ(ローマ)と各ポジションに欧州屈指のタレントをそろえる。

彼らスターたちによるマッチアップにも目が離せない。

(追記:初戦はどちらも好感触を得た。セルビアは、大黒柱アレクサンドル・コラロフの直接フリーキックで前回8強のコスタリカを下すと、スイスはブラジル相手にほとんど金星といって良い勝点1を獲得。チームの士気が最高の状態にある両国の戦いとなるが、相性的にも守備に安定感のあるセルビアにやや分があるか…?)

そんな「セルビア代表対スイス代表」の一戦は、日本時間22日3時キックオフ予定だ。

セルビア対スイス2大ブックメーカーのオッズは…?

大手ブックメーカーサイトウィリアムヒル(William Hill)とベット365(bet365)での試合予想オッズは以下の通りとなっている。

ほとんど五分五分となっているが、コスタリカを封殺し勢いに乗るセルビアがやや優勢となっている。果たして勝利するのはどちらのチームになるだろうか…?

bet365 ウィリアムヒル
1 引き分け 2 1 引き分け 2
2.08
セルビア
3.10 2.90
スイス
2.60
セルビア
2.87 2.90
スイス
賭けたい 賭けたい

※(1がセルビア、2がスイス
(6月21日を更新しました)

セルビア代表メンバー一覧

セルビア▼ GK
マルコ・ドミトロヴィッチ(エイバル/スペイン)
プレドラグ・ライコヴィッチ(マッカビ・テル・アヴィヴ/イスラエル)
ウラジミール・ストイコヴィッチ(パルチザン・ベオグラード/セルビア)

▼ DF
ブラニスラフ・イヴァノヴィッチ(ゼニト/ロシア)
二コラ・ミレンコヴィッチ(フィオレンティーナ/イタリア)
アレクサンダル・コラロフ(ローマ/イタリア)
ミラン・ロディッチ(レッドスター)
アントニオ・ルカヴィナ(ビジャレアル/スペイン)
ウロシュ・スパイッチ(クラスノダール/ロシア)
ドゥシュコ・トシッチ(広州富力/中国)
ミロシュ・ヴェリコヴィッチ(ブレーメン/ドイツ)

▼ MF
ルカ・ミリヴォイェヴィッチ(クリスタル・パレス/イングランド)
マルコ・グルイッチ(リヴァプール/イングランド)
フィリップ・コスティッチ(ハンブルガーSV/ドイツ)
アデム・リャイッチ(トリノ/イタリア)
セルゲイ・ミリンコヴィッチ・サヴィッチ(ラツィオ/イタリア)
ネマニャ・ラドニッチ(レッドスター)
ネマニャ・マティッチ(マンチェスター・U/イングランド)
ドゥシャン・タディッチ(サウサンプトン/イングランド)
アンドリヤ・ズィヴコヴィッチ(ベンフィカ/ポルトガル)

▼ FW
アレクサンダル・ミトロヴィッチ(ニューカッスル/イングランド)
アレクサンドル・プリヨヴィッチ(PAOK/ギリシャ)
ルカ・ヨヴィッチ(フランクフルト/ドイツ)

ブックメーカーのオッズは…?

スイス代表メンバー一覧

スイス▼ GK
1 ヤン・ゾマー(ボルシアMG/ドイツ)
12 イヴォン・ムヴォゴ(ライプツィヒ/ドイツ)
21 ロマン・ビュルキ(ドルトムント/ドイツ)

▼ DF
2 シュテファン・リヒトシュタイナー(ユヴェントス/イタリア→アーセナル/イングランド)
3 フランソワ・ムバンジェ(トゥールーズ/フランス)
5 マヌエル・アカンジ(ドルトムント/ドイツ)
6 ミヒャエル・ラング(バーゼル)
4 ニコ・エルヴェディ(ボルシアMG/ドイツ)
13 リカルド・ロドリゲス(ミラン/イタリア)
20 ヨハン・ジュルー(アンタルヤスポル/トルコ)
22 ファビアン・シェア(デポルティーボ/スペイン)

▼ MF
10 グラニト・ジャカ(アーセナル/イングランド)
11 ヴァロン・ベーラミ(ウディネーゼ/イタリア)
14 シュテフェン・ツバー(ホッフェンハイム/ドイツ)
8 レモ・フロイラー(アタランタ/イタリア)
15 ブレリム・ジェマイリ(ボローニャ/イタリア)
16 ゲルソン・フェルナンデス(フランクフルト/ドイツ)
17 デニス・ザカリア(ボルシアMG/ドイツ)
23 ジェルダン・シャキリ(ストーク/イングランド)

▼ FW
9 ハリス・セフェロヴィッチ(ベンフィカ/ポルトガル)
18 マリオ・ガヴラノヴィッチ(ディナモ・ザグレブ/クロアチア)
7 ブリール・エンボロ(シャルケ/ドイツ)
19 ヨシップ・ドルミッチ(ボルシアMG/ドイツ)

ブックメーカーのオッズは…?

Bettingtop10.comでは、ワールドカップ各試合の前週に最新関連情報を更新します!

Tags: , , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑