セビージャとセレッソ大阪の試合結果 フランス人アタッカーが躍動

・セビージャとセレッソの初顔合わせ
17日、ワールドマッチ2017が行われ、ヤンマー長居スタジアムでセレッソ大阪とセビージャが激突した。

セレッソ大阪は、古巣対決となる清武こそ負傷で欠くも、杉本、柿谷、山口といったレギュラーメンバーをズラリ揃えた。試合立ち上がりは、そんなセレッソ大阪がリーガエスパニョーラ4位の強豪相手に猛攻を仕掛ける。

3分には柿谷のクロスに水沼がヘディングで合わせるも、これは相手キーパーの好セーブに阻まれる。さらに10分後、柿谷がドリブルで仕掛け自らミドルシュートを狙う。このこぼれ球に木本がさらにミドルシュートを狙うも、今度はディフェンダーに防がれた。

ゲームの入り方が非常に良かったセレッソだったが、少しずつセビージャのパス回しに翻弄され始める。すると41分、シュートのこぼれ球に素早く反応したウィサム・ベン・ヤーデルに押し込まれてセビージャに先制点を許してしまう。

1点ビハインドで迎えた後半、今度はキーパーのキム・ジンヒョンがペナルティエリア内でホアキン・コレアを倒してしまい、相手にペナルティキックを与えてしまう。これをまたしてもウィサム・ベン・ヤーデルに冷静に決められて0-2。

なんとか一点をもぎ取りたいセレッソはその後もセビージャ守備陣をなかなか掻い潜ることができなかったが、相手の攻撃を防いだ直後に千載一遇のチャンスを得る。
リカルド・サントスがカウンターから抜け出しキーパーと一対一でシュートを放つと、これがポストに跳ね返り、エリア内に詰めていた福満に当たってゴールに吸い込まれた。セレッソ大阪が追撃のゴールを奪い1-2とする。

しかしセビージャはまたしてもセレッソを突き放す。セレッソの連係ミスを見逃さなかったルイス・ムリエルが意表を突くシュートを放ち3点目を奪取。
これで万事休すとなったセレッソ大阪は、1-3でリーガエスパニョーラの強豪セビージャに敗れてしまった。セレッソ大阪も試合を通して健闘した部分もあったが、ホームの地でスペインの難敵を脅かすことはできなかった。攻守両面において一歩も二歩も先をいっていたセビージャが、順当なスコアで勝利したといって差し支えないだろう。

セビージャ目線では、サミール・ナスリやステヴァン・ヨヴェティッチといった主力選手を出場させることなく、Jリーグ首位チームを相手にアウェイで実力差を見せつける格好となった。

Tags: , , ,




Comments are closed.

Back to Top ↑