スーペルコパでチームの心臓を失うことになったレアル 3年前の出来事がきっかけ?

・なぜモドリッチ不在?
現地時間13日に、昨シーズンのコパ・デル・レイ王者のバルセロナとリーガエスパニョーラ覇者のレアル・マドリードがスーペルコパ・デ・エスパーニャで激突する。
バルセロナの本拠地カンプノウで開催されるファーストレグ、レアル・マドリードは「チームの心臓」を欠くことになった。

9日付けのスペイン紙「マルカ」によると、今シーズンからチームで10番を背負うことになったクロアチア代表のルカ・モドリッチは、「ある理由」が原因で今シーズン一発目となるクラシコに出場することができないそうだ。

モドリッチがスーペルコパ・デ・エスパーニャのファーストレグへの出場資格を取り上げられた理由は、3年前のある試合で受けたレッドカードにあった。
モドリッチは、今から3年前となる2014年8月22日のスーペルコパアトレチコ・マドリード戦のセカンドレグで、試合終了間際に2枚目のイエローカードを受けて退場となっていた。

大会のルールによると、スーペルコパにおける2枚目の警告を受けての退場処分の場合、なんと次のスーペルコパまで処分が持ち越されることになっているのだ。レアル・マドリードは2014年以来となるスーペルコパ参戦となったため、前回のモドリッチの処分が今回適用されるかたちとなったわけだ。
ちなみに、これが一発退場だった場合は、リーガエスパニョーラの試合で出場停止処分が適用されることになっていた。

日本で信頼できるブックメーカートップ10に入る3つのブックメーカーで1番良いオッズを確認!

・痛手も同ポジションにタレントズラリ
今シーズン2つ目のタイトルがかかったバルセロナとのクラシコに、頼れる10番が不在というのはレアル・マドリードにとってこの上ない痛手だろう。5年ぶり通算10度目となる栄冠を手にするためにアウェーで先勝しておきたいところだが、はたしてチームの心臓を失ったレアル・マドリードは敵地で勝利することができるだろうか。

モドリッチが不在とは言え、ドイツ代表のトニ・クロース、スペイン代表勢のイスコ、セバージョス、アセンシオ、ブラジル代表のカゼミーロ、そしてプレシーズンマッチで無双していたクロアチア代表のマテオ・コバチッチと素晴らしい選手がたくさんいる。
果たして指揮官のジネディーヌ・ジダンがこの中からモドリッチの代役としてファーストチョイスに指名するのは誰になるのだろうか。そうした点も注目ポイントだ。

他の記事を読む

Tags: , , ,




Comments are closed.

Back to Top ↑