スポーツベッティング

◽ ブックメーカーの誕生

ニューマーケット競馬場

ニューマーケット競馬場

18世紀の終わり、オグデンという人物がイギリスのニューマーケット競馬場で賭けの請負を始めたのがブックメーカの起源といわれています。イギリスといえば近代競馬の発祥の地であり、長い歴史と伝統があります。そのため、当初ブックメーカーは文化的背景から批判の的になっていました。それでも、賭けに参加する人やブックメーカーが増えていったため、政府は1960年にライセンス発行。審査を通過しライセンスを取得した民間企業によって運営されていくことになります。

◽ 対象となるスポーツは豊富

国民への人気が定着するにつれ、ブックメーカーの対象は競馬以外にも様々なスポーツへと拡がりを見せていきました。プロスポーツはもちろん、大学スポーツといったアマチュアにいたるまでに。

現在は、サッカーが盛んなイギリス、ヨーロッパらしく、自国のサッカーだけでなくヨーロッパ各国や南米や日本などの海外サッカー、テニスやバスケット、野球、ボクシングなど、幅広いジャンルのスポーツが対象となっています。その中でもサッカーへのスポーツベッティングは特別。ブックメーカーの会社自体がプロサッカーチームのスポンサーになったりする程です。サッカーベッティングにつきましては、改めて説明、紹介させていただこうと考えています。

サッカーベッティングJリーグチャンピオンズリーグプレミアリーグリーガ

また、スポーツの枠を飛び越え、政治や時事ネタ、天候に関することなど、非常に多岐にわたります。これはイギリス、ヨーロッパでのブックメーカー、スポーツベッティングの文化が根付いている証拠なのでしょう。

◽ 日本におけるスポーツベッティング

Jリーグlogo

日本にもスポーツベッティングは存在します。競馬、競輪、競艇、オートレース、そしてtotoの名称で親しまれているJリーグサッカーくじです。その歴史は1906年に開催された競馬まで遡ることが出来ます。スポーツベッティングという聞きなれない言葉せいでピンと来ないかも知れませんが、気付かないうちに日本にもスポーツベッティングの文化は根付いていたのです。イギリスとの明確な違いは公営、民間とで運営する母体の違いと、それによる還元率の違い、オッズの方式の違いくらいと言っても良いでしょう。

◽ スポーツベッティングのオンライン化

インターネットが急速に普及していった1990年代。その時を同じくして、スポーツベッティングもインターネット化、オンライン化へと変遷していくのです。ネット上で簡単につながり、多くの情報を共有できるようになったことで、スポーツベッティング、ブックメーカーも世界的に普及し始めていったのです。

◽ オンラインブックメーカーの登場

インターネットが普及したことにより、ブックメーカーもオンライン化に乗り出し、一気に世界中へ広がっがりました。世界中のスポーツ情報がリアルタイムで手に入るようになり、自ずと対象のスポーツはその種類を増やしていきます。マイナースポーツや大相撲など、国や地域に応じた対象を加えることで、新しい顧客を獲得していったのです。

スポーツベッティング、ブックメーカーのオンライン化で広がった対象スポーツはマイナースポーツだけではありません。オリンピックやサッカーのワールドカップといった世界的なスポーツイベントも対象に。世界中の多くの人にオンラインブックメーカーの裾野が広がり、ブックメーカーへ投資、楽しむ人が増えているのです。

ブックメーカーのレビューを見る

 

BT10のブックメーカーに対する評価基準を徹底解説!ここを見極めよう!


Comments are closed.

Back to Top ↑