スペイン代表新指揮官にルイス・エンリケ!

エンリケがスペイン代表監督に就任

ルイス・エンリケ現地時間9日、スペインサッカー協会は同国代表の新指揮官としてルイス・エンリケを招聘したことを発表した。

ロシアワールドカップの開幕前日に、当時監督だったジュレン・ロペテギ氏を解任したスペインサッカー協会。
その後、同代表のスポーツディレクターだったフェルナンド・イエロ氏がピンチヒッターとして無敵艦隊を率いるも、ロシアワールドカップ本大会は決勝トーナメント一回戦でまさかのロシア相手に敗戦。

フェルナンド・ルイス・イエロ敗退後にフェルナンド・イエロ氏は辞任を表明していた。

スペインサッカー協会のルイス・ルビアレス会長は、メディアのインタビューに応じ、「今回の決定にはだれも異論がなかった」とルイス・エンリケの監督就任を歓迎した。
また、ルビアレス会長は「ルイス・エンリケという男は、スポーツマネジメントにおいてすべての能力で合格点に達している」とその手腕に期待を寄せた。

ルイス・エンリケは、ラ・リーガサンタンデールの強豪バルセロナを率いて、リーグタイトル、国王杯、UEFAチャンピオンズリーグとあらゆる主要タイトルを勝ち取ってきた名将だ。

ちなみに、ルイス・エンリケは現役時代にもスペイン代表として輝かしい実績を残している。62試合に出場して、1994年のアメリカ大会、1998年のフランス大会、2002年の日韓大会と3回連続でワールドカップを経験しているレジェンドだ。

また、1992年に行われたバルセロナオリンピックで金メダルを獲得したり、1996年のヨーロッパ選手権に出場する等といったキャリアも持つ。

ラウンド16・結果
スペインロシア1-1
(3-4*)


グループステージのゲーム
結果・グループB

スペインモロッコ2-2
イランスペイン0–1
ポルトガル3-3スペイン

クラブで見せた輝きを見せることができるか

ルイス・エンリケそんなルイス・エンリケだが、指導者としてはバルセロナのBチームからキャリアをスタートさせ、一度セリエAのASローマを率いたのち、再びスペインに帰ってきてセルタを指揮。

その後バルセロナの監督に就いて、リーグ優勝2回、コパ・デル・レイ優勝2回、チャンピオンズリーグ制覇1回、FIFAクラブワールドカップ優勝1回という並外れた実績を残した。

ひとまず2020年のヨーロッパ選手権までの2年間の契約となっているようだが、はたしてクラブで名をはせたルイス・エンリケはナショナルチームでどういった働きを見せるだろうか。今後のスペイン代表に注目だ。

ラ・リーガにベット

他の記事を読む

Tags: , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑