スウェーデン対スイス【予想とオッズ】

スウェーデン対スイス
スウェーデン vs スイス
1-0
試合終了
【スウェーデン対スイス結果】イタリア破った堅守は世界最高峰
7月3日・23:00(日本時間)
サンクトペテルブルク
【決勝トーナメント】

ほとんど互角だが、ほんの僅かにスイスが優勢となっている。
マッチレビューと予想をチェック! 最新のオッズ 人気のペッティングマーケット
スウェーデン代表メンバー一覧 スイス代表メンバー一覧

マッチレビューと予想をチェック!

スウェーデン代表決勝トーナメント一回戦「スウェーデン×スイス」。
このゲームの勝者は?

グループステージ最終節、メキシコ相手に3-0で快勝し大逆転で首位通過を果たしたスウェーデンと、ブラジル相手にドローを演じるなど無敗でグループステージ2位通過を果たしたスイスによる決勝トーナメント初戦。

イブラヒモビッチヨーロッパの実力国同士の対決となったが、実は両国はワールドカップ、ヨーロッパ選手権の本大会で顔を合わせたことは一度もない。
また、直近の対戦は16年前の2002年のフレンドリーマッチ(1-1ドロー)までさかのぼることとなる

スウェーデンは、長年絶対的エースとして君臨してきたズラタン・イブラヒモビッチ(ロサンゼルス・ギャラクシー)が引退してから、堅守を武器とした新たなスタイルのチームを構成し、難敵オランダ、イタリアを破って予選を突破。

さらには本大会でもメキシコ、韓国を破ってグループステージ突破を果たした。その実力は侮ることができない。
スウェーデン スウェーデンに賭けたい

ジェルダン・シャキリ対するスイスも、グラニット・ジャカ(アーセナル)、ジェルダン・シャキリ(ストーク・シティ)、ステファン・リヒトシュタイナー(ユベントス)といった経験豊富なタレントによって統率され、高い組織力をもって堅実にトーナメントに勝ち進んできた。
スイスに賭けたい スイス

通算対戦成績もほとんど互角の両国だが、今大会も接戦が見られるに違いない。

そんな「スウェーデン代表対スイス代表」の一戦は、日本時間7月3日23時サンクトペテルブルクでキックオフ予定だ。

スウェーデン対スイス2大ブックメーカーのオッズは…?

大手ブックメーカーサイトウィリアムヒル(William Hill)とベット365(bet365)での試合予想オッズは以下の通りとなっている。

ほとんど互角だが、ほんの僅かにスイスが優勢となっている。果たして勝利するのはどちらのチームになるだろうか…?

bet365 ウィリアムヒル
1
スウェーデン
引き分け 2
スイス
1
スウェーデン
引き分け 2
スイス
3.10 3.00 2.70 3.00 2.90 2.62
賭けたい 賭けたい

※(1がスウェーデン、2がスイス

人気のペッティングマーケット

ウィリアムヒル-人気のマーケット-6月28日-Swe-Swi

【もっとW杯のオッズ】(今すぐ新規登録する)
ウィリアムヒル

Top10ブックメーカー表

スポーツベッティングのコーススポーツベッティングのコースベッティングのコース
賢く賭けるには
まず知識を得ましょう!

スウェーデン代表メンバー一覧

スウェーデン▼ GK
クリストファー・ノルフェルト(スウォンジー/イングランド)
カール・ヨハン・ヨンソン(ギャンガン/フランス)
ロビン・オルセン(コペンハーゲン/デンマーク)

▼ DF
ポントゥス・ヤンソン(リーズ・ユナイテッド/イングランド)
アンドレアス・グランクヴィスト(クラスノダール/ロシア)
フィリップ・ヘランデル(ボローニャ/イタリア)
ヴィクトル・リンデロフ(マンチェスター・U/イングランド)
エミル・クラフス(ボローニャ/イタリア)
カール・ルスティ(セルティック/スコットランド)
マルティン・オルソン(スウォンジー/イングランド)
ルドビグ・アウグスティンソン(ブレーメン/ドイツ)

▼ MF
エミル・フォルスベリ(ライプツィヒ/ドイツ)
オスカル・ヒリェマルク(ジェノア/イタリア)
ヴィクトル・クラエソン(クラスノダール/ロシア)
アルビン・エクダル(ハンブルガーSV/ドイツ)
マルクス・ローデン(クロトーネ/イタリア)
セバスティアン・ラーション(ハル/イングランド)
グスタフ・スヴェンソン(シアトル・サウンダース/アメリカ)
ジミー・ドゥルマス(トゥールーズ/フランス)

▼ FW
ヨン・グイデッティ(アラベス/スペイン)
マルクス・ベリ(アル・アイン/UAE)
オラ・トイヴォネン(トゥールーズ/フランス)
イサーク・テリン(べフェレン/ベルギー)

ブックメーカーのオッズは…?

スイス代表メンバー一覧

スイス▼ GK
1 ヤン・ゾマー(ボルシアMG/ドイツ)
12 イヴォン・ムヴォゴ(ライプツィヒ/ドイツ)
21 ロマン・ビュルキ(ドルトムント/ドイツ)

▼ DF
2 シュテファン・リヒトシュタイナー(ユヴェントス/イタリア→アーセナル/イングランド)
3 フランソワ・ムバンジェ(トゥールーズ/フランス)
5 マヌエル・アカンジ(ドルトムント/ドイツ)
6 ミヒャエル・ラング(バーゼル)
4 ニコ・エルヴェディ(ボルシアMG/ドイツ)
13 リカルド・ロドリゲス(ミラン/イタリア)
20 ヨハン・ジュルー(アンタルヤスポル/トルコ)
22 ファビアン・シェア(デポルティーボ/スペイン)

▼ MF
10 グラニト・ジャカ(アーセナル/イングランド)
11 ヴァロン・ベーラミ(ウディネーゼ/イタリア)
14 シュテフェン・ツバー(ホッフェンハイム/ドイツ)
8 レモ・フロイラー(アタランタ/イタリア)
15 ブレリム・ジェマイリ(ボローニャ/イタリア)
16 ゲルソン・フェルナンデス(フランクフルト/ドイツ)
17 デニス・ザカリア(ボルシアMG/ドイツ)
23 ジェルダン・シャキリ(ストーク/イングランド)

▼ FW
9 ハリス・セフェロヴィッチ(ベンフィカ/ポルトガル)
18 マリオ・ガヴラノヴィッチ(ディナモ・ザグレブ/クロアチア)
7 ブリール・エンボロ(シャルケ/ドイツ)
19 ヨシップ・ドルミッチ(ボルシアMG/ドイツ)

ブックメーカーのオッズは…?

Bettingtop10.comでは、ワールドカップ各試合の前週に最新関連情報を更新します!
決勝トーナメント】【グループステージの結果】【優勝国予想のオッズ】【もっとW杯のオッズ

Tags: , , , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑