コロンビア戦のスタメンはどうなる?香川、乾、柴崎は当確か

西野ジャパンがいよいよ現地カザンへ出発

西野監督パラグアイ戦から一夜明けた13日、いよいよ西野ジャパンは事前合宿を行っていたオーストリアを後にし、ワールドカップベースキャンプ地となるロシアのカザンへ旅立った。

パラグアイ戦では、本田圭佑(パチューカ)、宇佐美貴史(デュッセルドルフ)、長谷部誠(アイントラハト・フランクフルト)といった主力組を大幅に変更し、代わって起用された香川真司(ボルシア・ドルトムント)、乾貴士(レアル・べティス)、柴崎岳(ヘタフェ)等が躍動し勝利を収めた日本代表。

宿舎でメディア対応をした指揮官は、コロンビア戦の先発メンバーについて問われると、「どの選手を起用しようか、悩みたい状況になれたことがまずよかった。いい悩みです」と語った。

コロンビアコロンビア vs 日本日本

ワールドカップヤー全試合未勝利という前代未聞の事態に陥りかけた日本代表だが、最終的には選手たちが良いイメージ、手ごたえを持った状態で現地へ出発することができた。

西野監督は続けて、「ハイレベルな選択肢から、いろいろ選択できるということにとてもわくわくしている。就任時にはチームを劇的に変化させたいと言ったが、そんなに甘くはない。変わる要素を選手全員で見つけていくことが大切」と抱負を語った。

wakaba bookmaker賢く賭けるにはまず知識を得ましょう!

ベッティングトップ10

パラグアイ戦から誰が変わるのか…?

パラグアイ戦の試合内容から、このままスターティングメンバーをいじらないで初戦のコロンビア戦を迎えることが得策だという意見が多数を占めているが、果たして西野監督が初戦のピッチに送り込む選手はだれになるのだろうか…?

現時点では、目に見える結果を残した香川真司、乾貴士、柴崎岳の3選手は当確なのではないだろうか?

その他、センターフォワードは存在感を発揮した岡崎慎司(レスター・シティ)でスタートさせるのか、左サイドバックで躍動した酒井高徳(ハンブルガーSV)と主力の長友佑都(ガラタサライ)のどちらをチョイスするか、センターラインは誰と誰でコンビを組ませるのか、またゴールキーパーは川島永嗣(メス)のままで挑むのか…。

西野監督の選手起用に注目が集まる。そんな注目の日本代表のグループステージ初陣対コロンビア戦は、日本時間19日21時キックオフ予定となっている。

他の記事を読む

グループH

チーム
コロンビア
コロンビア
201+36
日本
日本
11104
セネガル
セネガル
11104
ポーランド
ポーランド
102-33

日本 日本代表最終メンバー一覧 コロンビア コロンビア最終メンバー一覧

Tags: , , , ,


About the Author

はベッティングトップ10の編集者の一人です。長年のフリーランスウェブマスターとしての経験の後ベッティングトップ10の新しい部署を担当するために雇われることになりました。Benjyは歴史と地理の学士号を持っているものの一番の情熱はウェブサイトの構築とサッカー観戦にあるそうです。



Comments are closed.


Back to Top ↑