クロアチア対ナイジェリア【予想とオッズ】

クロアチア対ナイジェリア
クロアチア vs ナイジェリア
2 – 0試合終了
後がないアルゼンチン クロアチア戦「メッシ頼み」ならまたも苦戦必至?
モドリッチ、ラキティッチ躍動!クロアチアが初戦快勝
6月17日・4:00(日本時間)
カリーニングラード
グループD
次の試合 ►
ナイジェリアナイジェリアvsアルゼンチンアルゼンチン アイスランドアイスランドvsクロアチアクロアチア
アルゼンチンアルゼンチン0–3クロアチアクロアチア ナイジェリアナイジェリア2–0アイスランドアイスランド

グループC

チーム
クロアチア
クロアチア
300+69
アルゼンチン
アルゼンチン
111-34
ナイジェリア
ナイジェリア
102-13
アイスランド
アイスランド
012-31

クロアチア代表メンバー一覧 ナイジェリア代表メンバー一覧

オッズ確認の前に!マッチプレビューチェック!

クロアチア代表グループDの第一節「クロアチア×ナイジェリア」
このゲームの勝者は?

常勝軍団アルゼンチンが同居するグループDを勝ち抜くためには、力が拮抗する両者にとって是が非でも負けられない重要な一戦となる。

チャンピオンズリーグ3連覇の立役者ルカ・モドリッチ(レアル・マドリード)をはじめ、イバン・ラキティッチ(バルセロナ)、マリオ・マンジュキッチ(バイエルン)、イバン・ペリシッチ(インテル・ミラノ)と世界屈指のスターを多く擁するクロアチアだが、決して個人能力に頼ったチームではない。
4年前のグループステージ敗退の悪夢から、組織力もしっかり備わり、さらにはマテオ・コバチッチ(レアル・マドリード)等有望な若手も育って一層強さを増した印象がある。クロアチア クロアチアにベット

対するナイジェリアも、ブラックアフリカン特有の身体能力を活かしたパワーサッカーが健在。昨年11月の親善試合では、アルゼンチン相手に4得点で大勝を収めている。

アレックス・イウォビ(アーセナル)をはじめ、ケレチ・イヘアナチョ(レスター・シティ)、ビクター・モーゼス(チェルシー)といったプレミアの名門でプレーするアタッカーに注目だ。

一瞬のチャンスが勝負を分ける緊張感たっぷりの試合となるだろう。ナイジェリア ナイジェリアにベット
► ブックメーカーのオッズは…?

そんな「クロアチア代表対ナイジェリア代表」の一戦は、日本時間17日4:00キックオフ予定だ。

クロアチア対ナイジェリア2大ブックメーカーのオッズは…?

大手ブックメーカーサイトウィリアムヒル(William Hill)とピナクルスポーツ(Pinnacle sports)での試合予想オッズは以下の通りとなっている。

タレント力で上回るクロアチアがわずかに優勢となっている中、果たして勝利するのはどちらのチームになるだろうか…?

ピナクルスポーツ ウィリアムヒル
1 引き分け 2 1 引き分け 2
1.900 3.510 4.670 1.80 3.50 4.20
最高の賭け 最高の賭け

※(1がクロアチア、2がナイジェリア)

クロアチア代表メンバー一覧

▼ GK
1 ドミニク・リヴァコヴィッチ(ディナモ・ザグレブ)
12 ロヴレ・カリニッチ(ヘント/ベルギー)
23 ダニエル・スバシッチ(モナコ/フランス)

▼ DF
2 シメ・ヴルサリコ(アトレティコ・マドリード/スペイン)
3 イヴァン・ストリニッチ(サンプドリア/イタリア)
5 ベドラン・チョルルカ(ロコモティフ・モスクワ/ロシア)
6 デヤン・ロヴレン(リヴァプール/イングランド)
13 ティン・イェドヴァイ(レヴァークーゼン/ドイツ)
15 ドゥイェ・チャレタ・ツァル(ザルツブルク/オーストリア)
21 ドマゴイ・ヴィダ(ベシクタシュ/トルコ)
22 ヨシプ・ピヴァリッチ(ディナモ・キエフ/ウクライナ)

▼ MF
8 マテオ・コヴァチッチ(レアル・マドリード/スペイン)
10 ルカ・モドリッチ(レアル・マドリード/スペイン)
7 イヴァン・ラキティッチ(バルセロナ/スペイン)
11 マルセロ・ブロゾヴィッチ(インテル/イタリア)
19 ミラン・バデリ(フィオレンティーナ/イタリア)
14 フィリプ・ブラダリッチ(リエカ)

▼ FW
9 アンドレイ・クラマリッチ(ホッフェンハイム/ドイツ)
16 ニコラ・カリニッチ(ミラン/イタリア)
17 マリオ・マンジュキッチ(ユヴェントス/イタリア)
4 イヴァン・ペリシッチ(インテル/イタリア)
18 アンテ・レビッチ(フランクフルト/ドイツ)
20 マルコ・ピアツァ(シャルケ/ドイツ)

ブックメーカーのオッズは…?

ナイジェリア代表メンバー一覧

▼ GK
ダニエル・アクペイ(チュパ・ユナイテッド)
フランシス・ウゾホ(デポルティボ・ラ・コルーニャ)
イケチュク・エゼンワ(エニンバ)

▼ DF
レオン・バログン(マインツ)
ケネス・オメルオ(カスムパシャ)
ブライアン・イドウ(アムカル・ペルム)
チドジー・アワジーム(ナント)
アブドゥラヒ・シェフ(ブルサスポル)
ウィリアム・エコング(ブルサスポル)
ウワ・エルデルソン・エチレジレ(サークル・ブルージュ)
ティロンネ・エブエヒ(デン・ハーグ)

▼ MF
オジェニー・オナジ(トラブゾンスポル)
ジョン・オグ(ハポエル・ベエルシェバ)
ウィルフレッド・ディディ(レスター・シティ)
オグヘネカロ・エテボ(ラス・パルマス)
ジョン・オビ・ミケル(天津泰達)
ジョエル・オビ(トリノ)

▼ FW
オディオン・イグハロ(長春亜泰)
アーメド・ムサ(CSKAモスクワ)
ビクター・モーゼス(チェルシー)
アレックス・イウォビ(アーセナル)
ケレチ・イヘアナチョ(レスター・シティ)
シミー(クロトーネ)

ブックメーカーのオッズは…?


Bettingtop10.comでは、ワールドカップ各試合の前週に最新関連情報を更新します!

Tags: , , , , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑