オーストラリア紙「恐れていた最悪の事態が現実のものとなってしまった…」

・オーストラリアが嘆き節
ジッタで行われた日本代表とサウジアラビア代表の結果を受けて、最も嘆いているのは間違いなくオーストラリア代表だろう。ワールドカップアジア最終予選でサウジアラビアと勝ち点でイーブンとしながらも、得失点差で2位の座を明け渡し、結果3位に転落してプレーオフへの出場が決まってしまったサッカルーズ。
現地メディアは、「最も恐れていたシナリオが、現実のものとなってしまった」と綴っている。

豪州紙「シドニー・モーニング・ヘラルド」は、サムライブルーがジッタで黒星を喫したことを受け、「水曜日の深夜、オーストラリアにとって最も恐れていたシチュエーションが現実のものとなってしまった。日本代表を1-0で打ち負かしたサウジアラビア代表は、オーストラリアを抜き去ってロシアワールドカップへのチケットを手に入れた。」と報道。

日本戦の直前に行われたタイとの一戦で、45本という驚異のシュート数を誇りながらも、ゴールネットを揺らしたのは2本のみ、さらにはタイに失点を許してなんとか辛勝したオーストラリア。
このタイ戦、4-0、あるいは3-0といった大差での勝利が叶えばその時点で突破をほぼ確定させることができたわけだが、最後に笑ったのはサウジアラビアの方だった。

日本で信頼できるブックメーカートップ10に入る3つのブックメーカーで1番良いオッズを確認!

・過酷なプレーオフの戦いが待ち受ける
オーストラリアは、来月にアジア最後の1枠を勝ち取るためにグループA3位のシリアとホームアンドアウェーで対戦する。この試合に勝利した場合、北中米カリブ海予選4位の国と大陸間プレーオフで激突。この試合で勝利すれば、ロシアワールドカップへのチケットを手にすることになる。ちなみに、現在の北中米カリブ海予選の4位はアメリカとなっている。

また、同記事を見てみると、サウジアラビア相手に得点を奪うことができなかった日本代表のアタッカー陣にも落胆していることがわかる。
「ゲンキハラグチのペナルティエリア外からのシュートは枠を捉えられなかった」「信じられないことに、ヒロキサカイのシュートは一度ならず2度もライン上で跳ね返された」といった具合に綴られている。

また、豪州紙「ヘラルド・サン」も、「サッカルーズのワールドカップへの道のりは、無情にも残酷なものになってしまった」と速報している。戦前日本代表の勝利に楽観視する声も多数あったオーストラリアだが、まさかの悪夢の展開を強いられてしまった。

他の記事を読む

Tags: , , ,




Comments are closed.

Back to Top ↑
  • 2018ロシアワールドカップ

    ワールドカップの歴史

    ワールドカップスタジアム