ウェバンク(Webanq)

日本でのサービスを終了したネッテラーに代わる新たな出入金サービスとして注目の「webanq(ウェバンク)」とは

◽ 今後、注目のオンライン電子決済サービス

webanq-ウェバンクこれまで、ブックメーカーをはじめとするオンラインギャンブルの入出金の方法として人気・主流だった「Neteller(ネッテラー)」。そのネッテラーが、日本でのオンライギャンブル・ブックメーカーへのサービス終了を受け、新たなオンライン電子決済サービスとして注目されているのが、「webanq(ウェバンク)」です。ウェバンクの特徴は、登録及び口座開設が無料。書類不要で数分で口座が開け、銀行振り込みで入金ができるところです。さらに、ジャパン・ネット銀行などの口座があれば、24時間入金ができて、日本語サポートもアリ。と、良い点ばかりを紹介しましたが、残念な点が対応しているブックメーカー・オンライカジノが少ない点です。現在は「ワイルドジャングル」などですが、ネッテラー撤退の絡みもあり、今後対応するサイトも増えることが予想されます。エコペイズとともに、今後主流となるであろうウェバンクの登録方法や入金方法についてご紹介していきます。

ウェバンク対応のブックメーカー

◽ ウェバンクの登録方法

それでは、ウェバンクの登録方法について簡単にご紹介します。

ウェバンクの登録方法1
まずは、ウェバンクの公式サイトにアクセスし、口座開設をしましょう。
英語表記となっている場合は、画面右上のプルダウンメニューから「日本語」を選択してください。そして、画面中央の「口座開設」のボタンをクリックします。

ウェバンクの登録方法2
次に必要情報を入力します。すべて半角英数字入力がしてください。
入力が完了しましたら、同意のチェックボックスにチェックを入れ、「登録する」のボタンをクリックします。

ウェバンクの登録方法3
上の画面が出てくれば、口座開設は完了となります。
また、新規登録後に“PIN”コードがメールで送られてきます。PINコードはログインの際に必要となりますので、忘れないようメモを取るなどして対応ください。

◽ 入金方法について

次は入金の方法についてです。
入金方法にいては、画面左側にあります「入金」をクリックしてください。

ウェバンク入金方法について

振込先情報が出てきますので、プリントアウトもしくはメモを取っておきましょう。
その後、最寄りの銀行などで、ウェバンクの口座に入金。15分ほどで反映されます。

【ワイルドジャングル】

トップページからキャッシャーをクリックします。

ウェバンクワイルドジャングル

入金画面から、ウェバンクのタブをクリックし、入金額やアカウント情報を入力。完了したら、「入金する」ボタンをクリックします。
以上で完了です。
すぐに入金が反映されます。

引き出し方法について

それでは、出金の方法に移りましょう。
「引き出し」ダブをクリックし、引き出し方法一覧から「ウェバンク」を選択します。

ウェバンクワイルドジャングル2

「引き出し金額」に、ご希望の金額を数字のみ(ドルマークなどの入力は不要)入力してください。
ただし、引き出し金額の最低限度額が20ドルとなっておりますのでご注意ください。※手数料は無料
また、引き出しは、毎日行えます。

◽ ウェバンク対応のブックメーカー

最後はウェバンクに対応しているブックメーカーをご紹介します。
先ほど説明した通り、今のところ対応しているカジノは少なく「ワイルドジャングルカジノ」と「JBETカジノ」のみとなっております。

  • ワイルドジャングルカジノオランダ領キュラソー政府よりオンラインギャンブルライセンスの認可を受けています。
    美しいグラフィックのビデオスロットなどが有名で、完全日本語対応なので、日本人からの人気も高く、高額ジャックポットも多く出ています。もちろwildjungle-casino-logoん、サポートも日本語で受けられます。お金を賭けず、オフラインでもゲームを楽しむことができます。
    初回入金ボーナスや、期間限定のキャッシュバックなどプロモーションも豊富。一度プレイされてみてはいかがでしょう。

  • JBETカジノ完全日本語対応のオンラインギャンブルサイト。45種のライブカジノと、750種のカジノゲーム、さらにはスポーツブック・ブックメーカJbet-logoーとしても楽しむことができます。対象のスポーツは、サッカーをはじめ、プロ野球、4大大会を含む国際的なテニス大会、ゴルフ、F1など27種。もちろん、国際的なカジノゲーミングライセンスも取得しているので、安心して楽しむことができます。

それでは、ブックメーカー・オンラインギャンブルを心ゆくまで満喫してください。


Comments are closed.

Back to Top ↑