イタリア戦でシュート決定率100%を記録したイスコ「まさに芸術作品」

・イタリア戦のスターに続々賛辞
現地時間2日に行われたロシアワールドカップヨーロッパ予選のスペイン代表対イタリア代表の試合で躍動したレアル・マドリード所属のイスコ。ホームで3-0の勝利に大きく貢献したスターに対して、続々と賛辞が送られている。

自身のホームタウンでもあるサンチャゴ・ベルナベウでの一戦でスタメンに入ったイスコは、前半立ち上がりに直接フリーキックを決めると、前半終盤には深い切り返しからグラウンダー性の鋭いシュートを突き刺して、ジャンルイジ・ブッフォン相手に2ゴールを奪った。

スペイン紙「アス」は、従来の最高評価である3点を上回る「4点」という評価をイスコに与え、その桁違いなパフォーマンスをほめたたえている。
「イスコがイタリアを潰した。2種類のゴラッソに、優雅なプレーの数々、彼の魔法のようなプレーは芸術作品と言って差し支えない。今夜はまさしく彼によるショーとなった。」

またスペイン紙「マルカ」も、「Russia ISCOming」というタイトルを付けて「イスコの両脚から織り成されるボールタッチは、何百万ユーロもの価値がある。ヨハン・クライフが彼のことを見ていたら、高貴な家柄に生まれた選手と称していたことだろう」と綴っている。

日本で信頼できるブックメーカートップ10に入る3つのブックメーカーで1番良いオッズを確認!

・シュート決定率100%
イタリア戦でシュート決定率100%、パス成功率95%とほとんど完璧な数字をマークしたイスコだが、自身もこの試合での活躍に満足しているようだ。

「残り試合の中で最も大切な試合だったけど、完璧な夜になったね。僕たちは勝利すべくした勝利した。スペインが最強チームであることを僕らはずっと前から証明し続けている。今日はまた個人的にも2本のシュートをゴールに沈めることができた。ベルナベウでのイタリアとの天王山というビッグマッチでチームの勝利に貢献できたことはなにより嬉しいね。」

イタリアとの首位攻防戦で勝利したスペインは勝ち点3を積み上げて首位を堅持。一方得失点差で並んでいたイタリアは首位スペインとの勝ち点差を3に広げられてしまった。スペインは、5日に行われるリヒテンシュタイン戦で勝利すれば、ロシアワールドカップへの出場資格を得ることになる。

他の記事を読む

Tags: , ,




Comments are closed.

Back to Top ↑