アーセナルでもチリ代表でも不満爆発のサンチェス

今シーズンアーセナルで孤軍奮闘のサンチェス

現在チャンピオンズリーグ出場権外の6位と低迷しているアーセナルですが、チーム内で孤軍奮闘している選手がいます。それはアレクシス・サンチェス選手。
ここまでリーグ戦18ゴールを記録しており、得点ランキングでもロメル・ルカク、ハリー・ケインに続いて3番手に位置づけています。バルセロナ時代からその高いポテンシャルを見せつけていたサンチェス選手ですが、今シーズンは当時の全盛期を彷彿とさせるような活躍でチームを牽引しています。
昨シーズン大活躍だった「アシストマシン」メスト・エジルが低迷している今だからこそ、サンチェスの活躍は間違いなくチームを助けています。

そんなサンチェス選手ですが、個人の能力、結果とは裏腹に、チームの成績がついてこないことにいら立ちを感じているようです。リーグ戦を見ていても、「フラストレーションが溜まってるなあ」思わせるようなシーンが目立っています。先日のチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦でバイエルンに大敗した際には、大敗しているにも関わらず、試合中に笑顔で試合を見ている姿がカメラに抜かれていましたね。これが原因で、サポーターからも大きなバッシングを受けました。

日本で信頼できるブックメーカートップ10に入る3つのブックメーカーで1番良いオッズを確認!

チリ代表でも報われず…
さらには、そんなフラストレーションは代表戦でも続くことに…。23日に2018ロシアワールドカップ南米予選でアルゼンチン代表と対戦しましたが、メッシのPKにより0-1で惜敗したチリ代表。現在チームの順位もワールドカップ出場権外ということで、かねてからバッシングを受けている代表選手たち。

このアルゼンチン戦の終了時、サンチェスは悔しさのあまりユニフォームをまくり上げながら発狂していました。これを見たイギリス誌は、「クラブでもナショナルチームでも同じことをしている」と伝えられています。
一方チームメートのアレックス・イウォビ選手は、サンチェス選手のことを「もともと感情が表に出やすいタイプだが、そもそも勝ちたいという気持ちは誰しもが常に持っているもの」と語っています。

個人的には、自身の活躍がチームの勝敗になかなか反映されないことが続くと、今回のように感情が爆発してしまっても無理はないのかな…?と思いますね。
結果を残している以上、周囲の選手たちが上手にサポートしてあげるというのがチームにとってもサンチェス選手にとっても大切なのかなと思いますね。それにしても、せめてどちらかのチームで報われて欲しいものです!

他の記事を読む




Comments are closed.

Back to Top ↑