アンディ・マレーが選ぶ2016-17ベストイレブンをFIFAが紹介!

・マレーがベストイレブン選出
熱狂的なフットボールファンで知られるテニス界のスーパースター、アンディ・マレーが独断と偏見で昨シーズンのベストイレブンを選出したそうだ。これをFIFAの公式サイトが紹介している。

かつてはサッカーとテニスを両立させていたというのは有名な話だが、マレーはやがてテニスを一本化でプレーすることを決心。するとすぐさま才能が開花し、2012年には4大大会の一つ全米オープンで優勝。昨年には自身初となる世界ランク1位にまで上り詰めた。絶対的王者、セルビアのノバク・ジョコビッチと比較され続けるテニス界屈指のスターだ。

さて、そんなマレーは大のサッカーファンなだけでなく、サッカーゲームをプレーすることも趣味の一つなんだそうだ。とくに、自分が監督となってチームを育成するシミュレーションゲーム「ファンタジーフットボール」の大ファンであることを公言している。将来的には、実際のフットボール界で監督業を務めたいという願望もひそかに持ち合わせているんだとか。

日本で信頼できるブックメーカートップ10に入る3つのブックメーカーで1番良いオッズを確認!

マレーは、「フットボールに関する記事を読んだり、それについて話したり、実際にスタジアムに試合を観に行ったりすることが大好きなんだ。もしテニスで満足いくところまでやり終えたら、次はフットボール関連で何かできることを探すかもしれないね。」と語っている。

また、8月に2016-17シーズン最優秀選手ノミネート24選手が発表されたが、これには「最優秀選手はクリスチアーノ・ロナウドでなければおかしいよ。彼はレアル・マドリードでリーガエスパニョーラとチャンピオンズリーグを制覇しているんだからね」とコメントしている。

そんなマレーが選出したベストイレブンは次の通り。チャンピオンズリーグを制覇したレアル・マドリードじゃら最多の5人を選出したようだ。

GK
ジャンルイジ・ブッフォン(ユベントス)

DF
セルヒオ・ラモス(R・マドリー)
ジョルジョ・キエッリーニ(ユベントス)
ダニエウ・アウベス(ユベントス→パリSG)
マルセロ(R・マドリー)

MF
エンゴロ・カンテ(チェルシー)
トニ・クロース(R・マドリー)
ルカ・モドリッチ(R・マドリー)

FW
パウロ・ディバラ(ユベントス)
クリスティアーノ・ロナウド(R・マドリー)
リオネル・メッシ(バルセロナ)

他の記事を読む

Tags: , , ,




Comments are closed.

Back to Top ↑