アンチェロッティが愛弟子モドリッチと再タッグ結成か?

・アンチェロッティがクロアチア代表監督に?
レアル・マドリード所属のルカ・モドリッチと、カルロ・アンチェロッティが再びクロアチアでタッグを組むかもしれない。

バイエルン・ミュンヘンを電撃解任されたアンチェロッティの今後の動向について、母国イタリアメディアの『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、クロアチア代表の新監督として招聘されるのではないかと予想している。

今月のロシアワールドカップヨーロッパ予選で格下相手に痛恨のドローを喫し首位から陥落したクロアチア。この結果を受けて指揮官アンテ・チャチッチが電撃解任されていた。その後急遽ズラトコ・ダリッチが指揮を執り、最終節のウクライナ戦でなんとか勝利し、2位を死守して最低ノルマとされていたプレーオフ出場権を獲得。来月プレーオフでロシア行きのチケットをかけてギリシャ代表と対戦する。

いわゆる「応急処置」で代表監督を務めているズラトコ・ダリッチは、プレーオフのギリシャ戦の2試合までの任となることが濃厚で、ロシアワールドカップ本大会には新たの指揮官を招聘して挑む運びとなりそうだ。そこで、現在フリーの身となっているアンチェロッティに白羽の矢が立ったという訳だ。

日本で信頼できるブックメーカートップ10に入る3つのブックメーカーで1番良いオッズを確認!

・愛弟子モドリッチと再タッグ
アンチェロッティが有力候補とされている理由の一つに、クロアチア代表でキャプテンマークを巻くレアル・マドリードのルカ・モドリッチの存在が大きいとされている。
というのも、モドリッチとアンチェロッティはレアル・マドリードにおいて2013年から2年間に渡り共闘しており、当時アンチェロッティはモドリッチに対して「世界最高の選手だ」と評していた。さらに、モドリッチ側もアンチェロッティに対して「これまで指導を受けた監督の中で一番だ」と返答しており、両者間で相思相愛のような信頼関係が既に築き上げられているのだ。

これまで、チェルシー、ミラン、レアル・マドリード、バイエルン・ミュンヘンとビッグクラブで指揮を執り、チャンピオンズリーグ等数多くのタイトルを獲得してきた名称だが、過去にナショナルチームを指揮した経験はない。
アンチェロッティにとっては大きなチャレンジになり、実現すれば非常に楽しみなチームになることは間違いないが、クロアチアにとっては大きなギャンブルになるといってもいいだろう。今後の去就に注目が集まる。

他の記事を読む

Tags: , , ,




Comments are closed.

Back to Top ↑