アトレティコがまさかの4戦勝ち星なし…【CL第4節1日目総括】

・チャンピオンズリーグ第4節1日目総括
現地時間31日、UEFAチャンピオンズリーグ第4節の一日目が行われた。

グループAでは首位のマンチェスター・ユナイテッドが最下位のベンフィカ相手にオウンゴールとオランダ代表ダレイ・ブリントのペナルティキックによって2-0で勝利し4連勝達成。

グループBでは首位のパリ・サンジェルマンがベルギー王者のアンデルレヒトと対戦し、フランス代表のサイドバック レイヴァン・クルザワのハットトリック、ブラジル代表ネイマール等の得点により5-0で大勝を収めた。

一方スコットランド王者セルティックとセルティックパークで対戦したバイエルン・ミュンヘンは、フランス代表キングスレイ・コマン、スペイン代表ハビ・マルティネスの得点により2-1で辛勝し、2位を堅持した。

これにより、グループBは2節を残して早くもパリ・サンジェルマンとバイエルンのグループステージ突破が確定した。

グループCでは首位のチェルシーが2位ローマの本拠地へ乗り込んだ。試合は戦前の予想とは大きく異なる展開に。

開始わずか40秒足らずでステファン・エル・シャーラウィの豪快ボレーが炸裂すると、前半のうちにエル・シャーラウィが2点目を奪取。さらには後半にディエゴ・ペロッティが強烈なミドルシュートをお見舞いして結局2位のローマが3-0でプレミア王者のチェルシーを退けた。

一方ここまで3試合勝ち星なしと出遅れたアトレティコ・マドリードは、ホームでカラバフと対戦。是が非でも勝ち点3が必要な試合だったが、1-1のドローに終わった。これによりアトレティコは4戦未勝利となり、グループステージ突破は絶望的な状況に。

グループDでも、バルセロナがオリンピアコスとスコアドローに終わる波乱が起きた。イタリア王者ユベントスもスポルティングと1-1で引き分けたため、順位に変動はなく、首位バルセロナ、2位ユベントス、3位スポルティング、4位オリンピアコスとなっている。

日本で信頼できるブックメーカートップ10に入る3つのブックメーカーで1番良いオッズを確認!

<チャンピオンズリーグ第4節1日目試合結果>
▼グループA
バーゼル1-2CSKAモスクワ
マンチェスター・U2-0ベンフィカ

▼グループB
パリ・サンジェルマン5-0アンデルレヒト
セルティック1-2バイエルン

▼グループC
ローマ3-0チェルシー
アトレティコ・マドリード1-1カラバフ

▼グループD
スポルティング1-1ユヴェントス
オリンピアコス0-0バルセロナ

他の記事を読む

Tags: , , , ,




Comments are closed.

Back to Top ↑