アグエロ復帰のマンC快勝で首位キープ【プレミアリーグ第9節総括】

・プレミアリーグ第9節総括
現地時間20日から22日にかけてプレミアリーグ第9節が行われた。

ここまで未だ無敗で首位を独走するペップ・グアルディオラ率いるマンチェスター・シティは、ホームでバーンリーと激突。この日交通事故による負傷から復帰したアルゼンチン代表のセルヒオ・アグエロが早速先制点を奪うと、後半にニコラス・オタメンディ、レロイ・サネが追加点をマークし、シティが3-0で快勝した。これにより8勝1分で首位をキープしている。

マンチェスター・シティを勝ち点2差で猛追するライバルマンチェスター・ユナイテッドは、アウェーでハダースフィールドと激突。前半のうちにオーストラリア代表のアーロン・ムーイ、ローレン・デポワトレにゴールを許し2点ビハインドとなったユナイテッドは、終盤にイングランド代表のマーカス・ラッシュフォードが一点を返すも同点に追いつくことができず勝ち点を取りこぼしてしまった。
昇格組相手のまさかの敗戦により、マンチェスター・シティとの勝点差は5へと広がった。

日本で信頼できるブックメーカートップ10に入る3つのブックメーカーで1番良いオッズを確認!

3位トッテナム・ホットスパーは、ブラジル代表フィリペ・コウチーニョ擁するリバプールと対戦。イングランド代表のハリー・ケインの2ゴール、韓国代表ソン・フンミンのゴール等で4-1で勝利を収めた。これにより勝ち点上ではマンチェスター・ユナイテッドと並んでいる。エース消沈で敗れたリバプールは9位へと陥落した。

4位チェルシーはワトフォードと対戦し、ベルギー代表のミシー・バチュアイの2ゴール、スペイン代表のセサル・アスピリクエタの得点等で4発快勝。5位のアーセナルも、エバートン相手にフランス代表のアレクサンドル・ラカゼット、、ウェールズ代表のアーロン・ラムジー、チリ代表のアレクシス・サンチェス等の得点で5発快勝を収めた。

<プレミアリーグ第9節試合結果>
ウェストハム0-3ブライトン
スウォンジー1-2レスター・シティ
マンチェスター・C3-0バーンリー
トッテナム4-1リヴァプール
ニューカッスル1-0クリスタル・パレス
ハダースフィールド2-1マンチェスター・ユナイテッド
ストーク1-2ボーンマス
サウサンプトン1-0ウェスト・ブロムウィッチ
エヴァートン2-5アーセナル
チェルシー4-2ワトフォード

他の記事を読む

Tags: , , ,




Comments are closed.

Back to Top ↑