【アイスランド対クロアチア結果】ペリシッチ弾炸裂!

ラキティッチ温存も強いクロアチア

クロアチア代表現地時間26日、ロシアワールドカップグループステージリーグD最終節が行われ、アイスランドとクロアチアが対戦した

決勝トーナメントに進出するためには勝利しかないアイスランド。
前節ペナルティキックを失敗したギルフィ・シグルズソン(エバートン)をはじめ、アルフレッド・フィンボガソン(アウクスブルク)、アーロン・グンナルソン(カーディフ)、守護神ハンネス・ソール・ハルドーソン(ラナース)等が先発出場。

対して、既にグループステージ突破を決めているクロアチアは、前節スーパーゴールのルカ・モドリッチ(レアル・マドリード)をはじめ、イバン・ペリシッチ(インテル)、アンドレイ・クラマリッチ(ホッフェンハイム)、マテオ・コバチッチ(レアル・マドリード)等が先発に名を連ねた。

戦前の予想通り、試合序盤はクロアチアが主導権を握るも、アイスランドの組織的な守備を前になかなか決定機を演出できない。

後半に入って、クロアチアがようやく均衡を破る。52分、ヨシプ・ピバリッチがペナルティーエリア内で折り返すと、このボールにフリーのミラン・バデリが合わせて先制。

粘り強さがストロングポイントのアイスランドは、75分に意地を見せる。
デヤン・ロブレンのハンドで得たペナルティキックを、シグルズソンが冷静に決めて試合を振り出しに戻した。

しかし、後半アディショナルタイムにクロアチアがまたしてもネットを揺らす。イバン・ペリシッチがペナルティエリア右の得意の角度からゴールを決めて勝ち越しに成功。

試合はこのままタイムアップとなり、クロアチアが2-1でアイスランドを下した。これにより、グループステージ3戦全勝で決勝トーナメントへ勝ち上がったクロアチア。トーナメント初戦では、デンマークと相まみえる。

敗れたアイスランドは、初めてのワールドカップで残念ながら一勝も挙げることはできなかった。

グループD

チーム
クロアチア
クロアチア
300+69
アルゼンチン
アルゼンチン
111-34
ナイジェリア
ナイジェリア
102-13
アイスランド
アイスランド
012-31

► ワールドカップ優勝予想 ◄

他の記事を読む

Tags: , , ,


About the Author

は我々ベッティングトップ10の何人かいる著者の中で一番著者としての経験が長い著者です。 ということで自動的に年齢も他の著者より上なのでいつも後輩の頼れる先輩として日々活動しております! 本人曰く、物書きも時代によって変化してきているということで若手から学ぶこともたくさんあるみたいです。



Comments are closed.


Back to Top ↑