「110年ぶり」となる最高のロケットスタートを切ったユナイテッド

・開幕から2試合連続4-0の大勝
現地時間19日、イングランドプレミアリーグの第二節が行われ、開幕節で4発快勝したマンチェスター・ユナイテッドがスウォンジー・シティと敵地で対戦した。

開幕節でゴールを挙げた新加入選手のベルギー代表ロメル・ルカクをはじめ、アルメニア代表のヘンリク・ムヒタリアン、イングランド代表のマーカス・ラッシュフォード、フランス代表のポール・ポグバ等、快勝した開幕戦に続いてベストの布陣を組んできたジョゼ・モウリーニョ率いるマンチェスター・ユナイテッド。

この日は前半終了間際にコーナーキックのこぼれ球からディフェンダーのエリック・バイリーが先制ゴールを決め、その後終盤にルカク、ポグバ、アントニー・マルシャルが4分間で3得点を奪って、スウォンジー相手に4-0と快勝を収めた。
開幕節のウェスト・ハム戦に続いて、4-0と同じスコアで大勝し絶好のスタートを切ったマンチェスター・ユナイテッドに、各イギリスメディアが注目している。

日本で信頼できるブックメーカートップ10に入る3つのブックメーカーで1番良いオッズを確認!

・110年ぶりの好スタート
あらゆるスポーツデータの分析をする『Opta』によると、この開幕二試合の結果は、マンチェスター・ユナイテッドにとって110年前にさかのぼらなければいけないほどのロケットスタートのようだ。
なんでも、リーグ開幕から2試合連続で4ゴール以上奪ったのは、1907/08シーズン以来のことなんだそうだ。

その1907/08シーズンは、マンチェスター・ユナイテッドがリーグ初優勝を飾った年でもあり、第一節に4-1でアストン・ビラに、第二節に4-0でリバプールにそれぞれ勝利している。2試合無失点という成績を含めるとすれば、今回の結果はその当時の記録をも上回ることになる。

2013年サー・アレックス・ファーガソン監督最後の年に、ウェイン・ルーニーやロビン・ファンペルシー、チチャリート、香川真司といった選手らが躍動してプレミアリーグを制覇して以来、タイトルから遠ざかっているマンチェスター・ユナイテッド。
2年目となるジョゼ・モウリーニョ体制で、過去最高クラスのロケットスタートを切ることに成功したわけだが、はたして5シーズンぶりとなる栄冠を手にすることができるだろうか。
マンチェスター・ユナイテッドは次節日本代表の岡崎慎司が所属するレスター・シティと本拠地オールドトラッフォードで相まみえる。

他の記事を読む

Tags: , , ,




Comments are closed.

Back to Top ↑