• th
  • vi
  • id
  • ja
  • gb
  • au
  • canada

ブックメーカーサイトtop10

① 日本人におすすめのブックメーカーを紹介するサイト

bettingtop10では、日本人におすすめのブックメーカーをtop10形式で紹介します。登録代行を利用してブックメーカーを利用する人も多いです。しかし、bettingtop10を利用すれば、無料で1人で登録することが可能です。
安心・安全に利用できるブックメーカーだけを厳選して紹介していきます。bettingtop10を使えば、登録からベット、勝利金の取得まですべて1人で行うことができます。

② bettingtop10では、3つの理念を掲げています

  1. 安心・安全なブックメーカーのみを掲載

    ブックメーカーのなかには、信頼性の乏しいところもあります。Bettingtop10-logo
    しかし、多くのブックメーカーが、高い安心感のもとで安全に楽しむことができます。実際にプレイしてみないと、安全性がわからないことも多いです。
    bettingtop10では、プレイした方から好評を得ているブックメーカーに限って紹介しています。
  2. 登録・入出金方法も解説

    ブックメーカーは海外を拠点にしています。
    日本語対応しているサイトも増えていますが、それでもサポートは完全ではありません。
    そこで、初めての方でも簡単に登録できるように、やり方を解説しています。
    入出金方法にいたるまで、サイトを利用するうえで困らないようにサポートします。
  3. ブックメーカーを比較

    ブックメーカーをランキング形式で紹介します。
    また、それぞれの特徴について詳しく解説します。ブックメーカー選びで大事なのは、自分との相性です。
    評判の高いところだからといって、自分に合っているとは限りません。
    そのため、bettingtop10で、それぞれのブックメーカーの特徴を押さえておきましょう。その特徴を踏まえて、自分に合っているブックメーカーを見つけることを願っています。

③ ブックメーカーとは?

そもそもブックメーカーがなんなのか、いまいちよくわかっていない人もいます。
この項目では、ブックメーカーの歴史や内容にについて、解説していきます。

■ブックメーカーの歴史

ブックメーカーの起源は、イギリスです。
18世紀、イギリスの競馬場で始まったのが起源だといわれています。

最初の頃は、競馬のスタイルにふさわしくないと、批判されていました。
しかし、規制に比して、人気はどんどん高まっていきます。
国のほうも、あまりに人気なので、認めざるを得なくなっていく流れになります。

BETTING GAMING AND LOTTERIES ACTと呼ばれる、賭博に関する法律が、1963年に成立。
これによって、一定の条件で、ブックメーカーを主催する企業の存在を認めました。

現在では、イギリスでは知らない人がいません。
ほとんどの人が参加して、毎日のように楽しんでいます。
日本におけるパチンコや競馬よりも、もっとクリーンなイメージで、気軽に行われています。

■ブックメーカーの内容

ブックメーカーでは、胴元となる企業が存在しています。
そして、この企業が、スポーツの試合やイベントごとに、オッズを設定します。
勝敗などにお金をかけて、当たれば、賭け金×オッズが支払われる仕組みです。

特に日本人にも人気のサッカーや野球、テニスにバレー、バスケといった試合が対象になっています(スポーツブック)。
ワールドカップやワールドベースボール、ウィンブルドンやオリンピック、NBAなど、世界的に有名な大会が対象となるので、参加するだけで盛り上がります。

500を超えるブックメーカーが、現在では存在しています。
そのなかには、安心して使えるところが多くあります。
一方で、当たっても払い戻しがすぐに来ないような、怪しいサイトも。

bettingtop10では、数多くのブックメーカーのなかから、日本人が安心して使えるサイトに絞って紹介しています。

④ ブックメーカー(スポーツブック)を選ぶポイントlearn-betting

learn-betting初めてブックメーカーをやってみる、という日本人が増えています。
しかし、どういったポイントでブックメーカーを選べばいいのかわからないケースも多いです。
そこで、この項目では、ブックメーカーを選ぶ際に気をつけたいポイントを挙げていきます。

  1. オッズ

    賭けた金額が、2倍で返ってくるのか、3倍で返ってくるのか、それとも10倍なのか、といった問題は、とても重要なポイントです。
    そして、オッズが高ければ高いほど、大きな当たりを期待することができます。
    オッズは、サイトによっても変わってきます。なるべく高いサイトを選ぶことが、ブックメーカーで稼ぐためには重要です。
  2. 使い勝手

    どの試合のオッズがどれくらいなのか、などすぐにわかるサイトが望ましいです。
    サイトによっては、オッズが小さくて見にくかったりします。そもそも、なんの試合の賭けなのかを知るにも、該当ページをクリックしなくてはならないこともあります。できれば、一覧表示で試合とオッズが一目で見やすいところだと、ストレスもありません。
    サイトによってデザインがだいぶ違います。なので、使い勝手も重要なポイントです。オッズ表記Sbobet
    (出典:sbobet
  3. 入出金方法

    入出金に使えるオンライン決済サービスは、ブックメーカーによって違いがあります。
    サービスの種類によって、使い勝手にも影響してきます。特に払い戻しにかかる時間が、サイトによって異なるものです。
    あまり長いと、ストレスにもなりますから、このポイントも大事になります。
    もっと見る
  4. プロモーション(ボーナス)

    初回入金ボーナスといって、口座にお金を入れるだけで、ボーナスがゲットできることがあります。
    これも、ブックメーカーによって異なるポイントです。
    ボーナス額が変わっていたり、そもそもボーナス自体なかったりします。大事なのは、ボーナスを実際に引き出すための条件です。
    ボーナス額が同じでも、この条件が厳しければ、達成できずに結局、ボーナスが手に入らないこともあります。自分が達成可能なボーナスでなければ、意味がないわけです。
  5. サポート

    特に日本人の方にとって、サポートの質は大事です。
    ブックメーカーによっては、完全日本語対応で24時間サポートをしているところがあります。
    こういったところだと、何か問題があったら、チャットですぐに質問できるので安心です。
  6. 賭け方のバラエティー

    扱っている賭けの対象や、賭け方など、ブックメーカーによって違います。
    なかには、工夫を凝らして、プレイヤーを飽きさせないコンテンツを用意しているところがあります。
    自分に合った賭け方ができるブックメーカーを選ぶことが重要です。

⑤ 入出金の注意点

■ネットバンクを利用しよう

ブックメーカーで実際にお金を賭けて遊ぶには、そのサイトにお金を入れる必要があります。
お金を入れる方法として主なものは、
・クレジットカード
・オンライン決済サービス(ネットバンク)
の2つです。
もっと見る

クレジットカードはカード番号を入力するだけで良いので、便利です。
しかし、ブックメーカーの場合、海外にその拠点があります。
すると、日本のクレジットカードを、当然には利用することができないわけです。

非対応カードになっていることが多いです。
また、入金をクレジットカードでできたとしても、支払いをカードで受けることはできません。
払い戻しは、ネットバンクで受けることになります。

このような状況から、bettingtop10では、ネットバンクサービスを利用して決済することをおすすめしています。

■おすすめのネットバンク

以前までは、ブックメーカーやオンラインカジノで入金する場合、ネッテラーが1番人気でした。
それに次いで、スクリルも支持を集めていました。
しかし、この両方ともが、2016年でサービスを停止しています。

そこで、今、人気を集めているのが、エコペイズです。
エコペイズは、ネッテラーのネットカードのように、エコカードを使ってATMから勝利金を引き出すことができます。

エコペイズ

エコペイズネットカード
(出典:ecopayzエコペイズ

エコペイズは、ネッテラーほど対応可能サイトが多いわけではありません。
そういった場合には、エントロペイを利用するのがおすすめです。

エントロペイ
(出典:entropayエントロペイ)

エントロペイは、カードでお金をATMから引き出すことができません。
しかし、エコペイズを利用できないサイトでも、エントロペイを利用できることがあります。

エントロペイには、クレジットカードからの入金が可能です。
つまり、入金時には、
クレジットカード→エントロペイ→ブックメーカー
と、以上の流れで入金すればいいわけです。

出金は、エントロペイからエコペイズへ送金する方法を採ります。
エントロペイ→エコペイズ→ATM(エコカードを使って出金)
以上のような流れなら簡単にできます。
もっと見る

⑥ Top10ブックメーカー一覧

bettingtop10のおすすめするブックメーカーの一覧です。

  1. WilliamHill(ウィリアムヒル)

    ウィリアムヒル
    (出典:sports.williamhillウィリアムヒル
    ブックメーカーといえば、1番に名前が挙がる説明不要の老舗サイト。
    1934年創業。
    賭けのバラエティーが豊富なことでも人気。スポーツだけではなくて、大統領選の結果や皇室の子供の名前が賭けられることも。
    メインコンテンツはスポーツブックですが、プレイヤーを楽しませる内容が散りばめられています。


  2. SBOBET(SBOベット)

    sbobet
    (出典:sbobet
    2004年創設。賭けの種類が多い。
    日本のプロ野球も扱っています。
    日本の野球にベットできるブックメーカーは少ないです。
    特に野球好きの人におすすめできます。


  3. 10Bet(10ベット)

    10bet
    (出典:10bet
    2003年創立。新しいブックメーカーです。
    スポーツベッティング、とりわけサッカーの取り扱いで人気を集めています。
    採用しているサッカーリーグの数が多いためです。
    特にサッカーが好きな人には、おすすめのサイトです。


  4. W88

    W88
    (出典:w88club
    4種類のブックメーカーを同時に楽しむことができるサイトです。
    特に、それぞれのブックメーカーのオッズの違いを一目で把握することができます。
    オンラインカジノやスポーツブックもプレイ可能です。
    2013年創立の、新しいサイトになっています。


  5. NetBet(ネットベット)

    NetBet
    (出典:netbet
    ネットベットは、特にヨーロッパ圏で人気を博しています。
    オンラインカジノとスポーツベッティングを扱うサイトとして、長く支持されています。通常は、入金額と同額を賭けないと、出金できないサイトが多いです。
    しかし、NetBetでは、出金条件が優しく設定されています。
    出金に手数料が取られない点も、魅力です。サポートは、日本人の方がチャットで対応してくれます。
    日本人の方も安心して利用できます。


  6. Bet365(ベット365)

    bet365
    (出典:bet365
    世界中に顧客を抱える最大規模のブックメーカー。
    スポーツブックに力を入れていて、その内容は非常に充実しています。
    わかりやすいデザインで、初心者にもおすすめ。入金すれば、全世界のスポーツのライブストリーミングが視聴可能になります。
    そのため、ライブベットが好きな人にも愛されています。
    間違いなく、Top10ブックメーカーでは、トップクラスのサイトです。


  7. 188Bet(188ベット)

    188bet
    (出典:188bet
    2006年創業。フィリピンのライセンスを取得しています。
    特にアジア圏へのプロモーションに力を入れています。
    スポーツベッティングは、全世界規模で人気です。
    トップリーグだけではなくて、下部リーグの取り扱いも豊富です。
    世界的にも、間違いなくtop10ブックメーカーに数えることができます。


  8. 888sport

    888sport
    (出典:888sport
    888sportsを運営する888グループは、圧倒的な会員数を誇るオンラインカジノも所有しています。
    888sportsでは、特にスポーツベッティングを行っています。
    陸上、マラソン、水泳など、オリンピック競技のオッズも公表されているのが特徴です。


  9. PinnacleSportsピナクルスポーツ

    ピナクルスポーツ
    (出典:pinnacle
    業界でもトップクラスのオッズを設定しています。
    そのため、大きく稼ぎたい方におすすめです。プロモーション費用などを節約することによって、高いオッズを実現しています。
    アービトラージを許可していることでも有名です。
    特にブックメーカー中級者以上の方にも向いています。


  10. Fun88

    fun88
    (出典:fun88
    有名な日本のセクシー女優をアンバサダーに起用していることで評判です。
    水咲ローラが、現在のアンバサダーです。彼女目当てで登録する日本人も多くなっています。
    ライブカジノにも力を入れていて、美女を観ながらゲームをすることが可能です。
    サポートスタッフは日本人なので、安心して利用することができます。



Comments are closed.

Back to Top ↑